>  > カーマット フロアマット ダイハツ タント 25年10~ 2WD/リアヒーター無-アニマル ブラウンタイガー
第6章 パッケージのビルド
     

カーマット フロアマット ダイハツ タント 25年10~ 2WD/リアヒーター無-アニマル ブラウンタイガー

目次

6.1. 完全な(再)ビルド
6.2. オートビルダー
6.3. debuildコマンド
6.4. pbuilderパッケージ
6.5. git-buildpackageコマンドとその仲間
6.6. 部分的な再ビルド
6.7. コマンド階層

これでパッケージをビルドする準備が整いました カーボニー SUZUKI (スズキ) GSX-R600 750 2011-2013年式用 ドライ カーボン アンダーカウル Carbony ドライカーボン。

カーマット フロアマット ダイハツ タント X 25年10~ 2WD/リアヒーター無-アニマル ブラウンタイガー YOKOHAMA

完全なパッケージの(再)ビルドを行うには、以下を確実にインストールして下さい。

  • build-essentialパッケージ

  • Build-Dependsに挙げられているパッケージ(参照control)

  • Build-Depends-indepに挙げられているパッケージ(参照 control)

ソースディレクトリーで以下のコマンドを実行してください:

$ dpkg-buildpackage -us -uc

このコマンドはバイナリーパッケージとソースパッケージをビルドする作業をすべて行ってくれます 生活用品・インテリア・雑貨 【DAYTONA/デイトナ】ブラストバリアー バイザーノミ クリアー。これには以下の作業が含まれます:

  • ソースツリーのクリーン (debian/rules clean)

  • ソースパッケージのビルド (dpkg-source -b)

  • プログラムのビルド (debian/rules build)

  • バイナリーパッケージのビルド (fakeroot debian/rules binary)

  • .dsc ファイルの作成

  • dpkg-genchanges を使用し .changesファイルを作成

    満足なビルド結果の場合には、debsign コマンドを用いてあなたの秘密 GPG 鍵で .dsc.changes ファイルを署名します。秘密フレーズを2回入力する必要があります。 [63]

    ノンネイティブパッケージの場合、パッケージビルド後の親ディレクトリー (~/gentoo) に以下のファイルが生成されているはずです:

    • gentoo_0.9.12.orig.tar.gz

      これは単に Debian 標準に合わせるために名前を変更しただけで、中身はオリジナルなソースコードの tar アーカイブです リード工業 X-AIR SOLDAD ブラック【smtb-s】。これは元来、dh_make -f ../gentoo-0.9.12.tar.gz で作成されたということを覚えておいてください。

    • gentoo_0.9.12-1.dsc

      これはソースコードの内容の概要です 。このファイルはあなたのcontrolファイルから生成され、dpkg-source(1)によってソースを展開する際に使われます。

    • gentoo_0.9.12-1.debian.tar.gz

      この圧縮された tar アーカイブには、あなたのdebianディレクトリーの中身が含まれています。オリジナルのソースコードに行った変更や追加などの情報は全て debian/patches 内に、quilt パッチとして保存されます。

      上記 3 つのファイルを使えば誰でも簡単にあなたのパッケージをスクラッチからビルドすることができます。3 つのファイルを任意の場所にコピーし、dpkg-source -x gentoo_0.9.12-1.dscを実行するだけです。[64]

    • gentoo_0.9.12-1_i386.deb

      これは、あなたが生成した完全なバイナリーパッケージです。他の全てのパッケージと同じく、dpkgを使ってインストールしたり削除したりできます。

    • gentoo_0.9.12-1_i386.changes

      このファイルは現在のリビジョンパッケージにおける変更点をすべて記載したもので、Debian FTP アーカイブ管理プログラムによって、バイナリーおよびソースパッケージを FTP アーカイブにインストールするために利用されます。このファイルの一部は、changelog ファイルと .dsc をもとに生成されます。

      パッケージの保守管理を続けていくと、挙動の変更や新機能の追加をすることがあります。あなたのパッケージをダウンロードする人は、このファイルを見れば何が変わったのか、一目でわかります。また、このファイルの中身は Debian アーカイブ管理プログラムによって、debian-devel-changes@lists.debian.org メーリングリストへ流されます。

    • Debain FTP アーカイブ にアップロードする前に、~/.gnupg/ ディレクトリー中にあるあなたの秘密 GPG 鍵で debsign コマンドを用いてgentoo_0.9.12-1.dscgentoo_0.9.12-1_i386.changes ファイルを署名しなければいけません。

      以下の ~/.devscripts ファイルを用いると、debsign コマンドはあなたが指定した秘密 GPG キー ID (パッケージをスポンサーする際に便利) で署名できます:

      DEBSIGN_KEYID=Your_GPG_keyID
      

      .dsc.changes ファイルに記載されている長い数字の羅列は各ファイルの MD5/SHA1/SHA256 チェックサムです。パッケージをダウンロードした人は、sha1sum(1)、sha256sum(1)を使って整合性をテストすることができます。もし、数字が一致しない場合には、ファイルが壊れているか、あるいは何者かによって改ざんされていると分かるわけです。

      6.2. オートビルダー

      Debian は、様々なアーキテクチャー上で buildd デーモンを走らせているオートビルダーネットワークによって、色々な 移植版 をサポートしています。あなたがそれらを明示的に使う必要はありませんが、パッケージがどうなるのかを知っておくと良いでしょう。それでは、あなたのパッケージがどのように異なるアーキテクチャー向けに再ビルドされるのかを見ていきましょう USカーカバー トヨタRAV4 1996年1997年1998年1999年2000年2001年SUV CAR COVER TOYOTA RAV4 1996 1997 1998 1999 2000 2001 SUV CAR COVER。[65]

      Architecture: any のパッケージは、オートビルダーシステムによって再ビルドされます。それは、以下を確実にインストールします。

      • build-essentialパッケージ

      • Build-Dependsに挙げられているパッケージ (参照 control)

      そして、ソースディレクトリーで次のコマンドを実行します:

      $ dpkg-buildpackage -B
      

      これは、別のアーキテクチャー上で、アーキテクチャー依存のバイナリーパッケージを生成する作業をすべて行ってくれます。これには以下の作業が含まれます:

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-94103